玄関コンピュータの部屋ソフト紹介コーナー画像処理用

URLをクリックしますとそのサイトにジャンプすることができます。

【画像処理用】

○マルチメディアビューワ IrfanView32(Windows9x/Me/NT/2000/XP/2003/Vista用)

最新バージョン入手場所
http://www8.plala.or.jp/kusutaku/iview/
楠本拓矢さんによるIrfanView32日本語版サイト

IrfanView32は、オーストリアのIrfan Skiljan氏が作った高速・高機能かつ非常に使いやすい、フリーウェアのマルチメディアビューワです。 この世界的に有名なソフトの日本語版を、楠本拓矢さんが作成しています。

○二次元グラフ作成プログラム Ngraph(Windows/UNIX・Linux-X11用)

最新バージョン入手場所
http://www2e.biglobe.ne.jp/~isizaka/
作者・石坂智さんのNgraphサポート用サイト

理工系の研究者、技術者のための高機能な二次元グラフ作成プログラムです。 MS-DOS時代から二次元グラフ作成プログラムの定番となっていて、Windows用だけでなくUNIX/LinuxのX11用もあるので、UNIXとWindowsの両方を使う僕は大いに利用させてもらっています。 自作のデータ解析パッケージdansの以前のUNIX版には一応のグラフ作成機能も付けてありましたが、このNgraphの方が高機能でしかも使い勝手が良いので、現在はNgraphを利用してグラフ作成するように仕様を変更しました。 なおX11版はフリーウェアですが、Windows版はシェアウェアです。

○フォトレタッチソフト JTrim(WindowsXP/2000/Me/98/NT4.0用)

最新バージョン入手場所
http://www.woodybells.com/
作者・WoodyBellsさんの個人サイト

高機能かつ軽快なフリーのフォトレタッチソフトで、「ジェイトリム」と読みます。 僕はフルカラーのCGを扱うことは稀で、写真のレタッチもあまりやりませんが、NgraphやDynamic Drawで描いたベクトル表現のCGをビットマップ表現のCGに変換する時によく利用します。

○画像ビューワ Susie(WindowsXP/2000/Me/98/NT4.0用)

最新バージョン入手場所
http://www.digitalpad.co.jp/~takechin/
作者・たけちん(竹村嘉人)さんによるユーザーサポート用サイト

非常に高度な機能を持つ、Windows用画像ビューワの定番フリーソフトです。 これほど高機能なソフトがフリーウェアとは嬉しいですね。 v(^o^)v

○256色お絵描きソフト D-Pixed(WindowsXP/2000/Me/98/NT4.0用)

最新バージョン入手場所
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se035696.html
Vectorライブラリのダウンロードページ

Windows用の256色専用グラフィックエディタです。 Windows用のフルカラー・グラフィックエディタはけっこうありますが、256色用のものは使い勝手の良いものが少なく、色々と探した挙げ句、このソフトを見つけました。 僕の場合、CGはほとんど漫画しか描きませんので256色あれば十分であり、このソフトはお気に入りです。(^^)v