玄関会議室

会議室

この会議室はパソコン通信と同様のオンライン掲示板です。 どんな話題でもかまわないので気軽にじゃんじゃん書き込んでください。

[書き込み削除]

1820 番の書き込みのパスワードを入力してちょ!


1820. 感染症数理モデル-8 投稿者:杉本典夫 [URL] 投稿日:2020/04/14 (Tue) 17:40:27
 日本のインフルエンザの累積感染者数は、1年間で約1,000万人/12,700万人であり、1万人あたり約787人になります。参考までに、「感染症・予防接種ナビ」サイトで見つけた、「各シーズンのインフルエンザ推定患者数週別推移(2020年第9週まで)」の流行曲線をアップしておきます。このグラフは実数で描いてあるので、このグラフの縦軸を12,700で割れば、1万人あたりの1週間分のインフルエンザ感染者数になります。
 例えば2018/2019年のピーク時である第3週は、約220万人/12,700万人=約173人/1万人になり、2019/2020年の流行が終わりかかっている第9週は、約144,000人/12,700万人=約11人/1万人になります。そして日本におけるインフルエンザの死亡率は約0.1%ですから、1週間あたりの死亡者は、それぞれ約2,200人と約144人と推測されます。
 また1918〜1920年に大流行した有名なスペイン風邪は、3年間で約5億人が感染し、約5,000万人が死亡しました。当時の世界人口は約20億人ですから、3年間の累積感染率は約2,500人/1万人で、死亡率は約250人/1万人です。それに対して、COVID-19の3ヶ月間の累積感染率は約150万人/77億人=約2人/1万人で、死亡率は約9万人/77億人=約0.1人/1万人と、どちらも1000分の1ほどの人数です。