玄関会議室

会議室

この会議室はパソコン通信と同様のオンライン掲示板です。 どんな話題でもかまわないので気軽にじゃんじゃん書き込んでください。

[書き込み削除]

1834 番の書き込みのパスワードを入力してちょ!


1834. Re[1832]:質問2 投稿者:杉本典夫 [URL] 投稿日:2020/05/08 (Fri) 08:42:40
>マーシーさん
> 第1章6.4のサンプルサイズの計算式とで
> 同じ有意水準5% 検出力80% 検出差5 母標準偏差10 で計算してみると
 第1章6.4のサンプルサイズの計算式は、1標本(1群)の場合の計算式です。2標本(2群)の場合の計算式は、次のページに記載してあります。
http://www.snap-tck.com/room04/c01/stat/stat01/stat0108.html#note01

 上のページの「2.計量尺度・2標本の場合 (1)2標本の平均値の差の検定」の計算式を近似式にすると、紹介していただいたサイトの計算式になることがわかると思います。
 2標本の場合の1群の必要例数は、1標本の場合の必要例数の約2倍になります。(^_-)