玄関会議室

会議室

この会議室はパソコン通信と同様のオンライン掲示板です。 どんな話題でもかまわないので気軽にじゃんじゃん書き込んでください。

[書き込み削除]

1840 番の書き込みのパスワードを入力してちょ!


1840. Re[1839]:回帰直線の信頼区間と予測区間 投稿者:杉本典夫 [URL] 投稿日:2020/05/23 (Sat) 08:56:41
>マーシーさん
> 仕込量が0のときに、推定母集団の生成物量がとり得る区間(95%CI:0.082-0.178 99%CI:0.067-0.197)
> 仕込量が0のときに、サンプル集団の生成物量がとり得る区間(95%CI:0.041-0.220 99%CI:0.012-0.197)
 信頼区間は、標本集団の値から母集団のパラメータを推定する手法です。そのため、標本集団に信頼区間はありませんよ。(^_^;)
 上記の推定区間は、おそらく信頼区間と予測区間ではないかと思います。信頼区間は、標本集団の回帰直線から母集団の回帰直線を推定するものであり、信頼区間の間に母集団の回帰直線が95%の確率で入ります。
 それに対して予測区間は、標本集団の回帰直線から母集団の個々のデータを推定するものであり、予測区間の間に母集団の個々のデータの95%が入ります。

> 「H0を棄却できないので、H1を採択するのを保留する」
> くらいの表現しか言えません。。。
> 有効性を言いたいはずなので、片側検定?ですよね
 もう少し厳密に言うと、「H0を棄却できないので、結論を保留する」です。そして薬剤が疾患を悪化させることも考えられるので、通常は両側検定を用います。
 このように、曖昧なデータから強引に結論を導くことは決して「科学的な態度」でありません。データから結論できる限界を明確にすることが、本当の「科学的な態度」です。そして科学的な結論には必ず限界があるので、常に最悪の状況を想定して行動することを「予防原則」といい、科学研究の成果を実践する時の重要な原則です。
 検定について、詳しいことは次のページを見てください。(^_-)
http://www.snap-tck.com/room04/c01/stat/stat01/stat0105.html