玄関雑学の部屋雑学コーナー閑話閑人
○トンデモ話検出キット

惑星科学者であるカール・セーガン博士が自著「人はなぜエセ科学に騙されるのか」の中で説明しているチェックリストです。 このキットを使うとトンデモ話をある程度検出することができ、トンデモ話に騙されず、かえってそれを楽しむことができます。

  1. 裏付けを取れ。

    「事実」が出されたら、独立な裏付けをできるだけ沢山取るようにしよう。

  2. 議論のマナ板に乗せろ。

    証拠が出されたら、様々な観点を持つ人達にしっかりした根拠のある議論をしてもらおう。

  3. 権威主義に陥るな。

    権威の言うことだからといって当てにしないこと。 権威はこれまでも間違いを犯してきたし、今後も犯すかもしれない。 科学に権威はいない、せいぜい専門家がいるだけだ。

  4. 仮説は複数立てろ。

    仮説はひとつだけでなくいくつも立てること。 まだ説明のつかないことがあるなら、それが説明できそうな仮説をありったけ考え出そう。 次にこうやって得られた仮説を片っ端から反証していく方法を考えよう。 そうしてふるいにかけられてなお残った仮説は、単なる思い付きの仮説に比べて正しい答えを与えてくれる見込みがずっと高いはずだ。

  5. 身びいきをするな。

    自分が出した仮説だからといって、あまり執着しないこと。 仮説を出すことは知識を手に入れるための一里塚にすぎない。 なぜそのアイデアが好きなのかを自問し、他のアイデアと公平に比較して、そのアイデアを捨てるべき理由がないか探してみよう。

  6. 定量化しろ。

    尺度があって数値を出すことができれば、いくつもの仮説の中からひとつを選び出すことができる。 曖昧で定性的なものには色々な説明が付けられがちだ。

  7. 弱点をたたき出せ。

    論証が鎖のようにつながっていたら、鎖の輪のひとつひとつがきちんと機能しているかどうかをチェックすること。

  8. オッカムのかみそり。

    データを同じくらいうまく説明する仮説が2つあるなら、より単純な仮説を選べ。

  9. 反証可能性。

    仮説が出されたら、少なくとも原理的には反証可能かどうかを問うこと。 仮説は原理的に検証できるものでなければならない。 例えば「全ての人には同性愛の願望があり、それは発達段階の中で無意識の底に抑圧されている」という仮説は、同性愛者という自覚がある人はもちろん、同性愛者という自覚がない人でも、「その願望は無意識に抑圧されていて自覚できない」ということで必ず当てはまってしまい反証できない。 このように、どんな場合でも当てはまってしまう詭弁のような仮説には大した価値はない。

科学はデータというレンガを積み上げ、それを論理というセメントで固定して、科学理論という建物を建てるようなものです。 そして科学の本質は、レンガを丹念にコツコツと積み上げる地道な作業にあります。 いくら見かけはもっともらしくても、レンガをコツコツと積み上げていない上っ面だけのハリボテは、難しい技術もいらず、大きな努力もせずに簡単に作れますが、すぐにポシャってしまい実用に耐えません。

似非科学のようなトンデモ話はイメージと思い込み(^^;)だけで議論できるハリボテであり、科学よりも容易に世にはびこることができます。 しかし所詮はハリボテですから、流行するのも容易なら、廃るのも容易です。 このトンデモ話検出キットを使って、レンガを丹念に積み上げ、セメントでしっかりと固定してあるかどうかをチェックすれば、科学と似非科学を見分けることができると思います。v(^_-)

○トンデモ話でっち上げキット

トンデモ話検出キットを逆に利用すると、「トンデモ話でっち上げキット」ができます。 これは電波系の人や似非科学者や詐欺師や政治家がよく利用するキットで、僕もたまに利用するので(^^;)、一部修正して紹介しましょう。

  1. 対人論証…議論の内容ではなく論争相手を攻撃すること
    例:ダレソレ氏は{女|子供|黒人|ユダヤ人|韓国人|北朝鮮人|中国人|イラン人|外国人|イスラム教徒|原理主義者等々}だから、氏がナニナニについてどう言おうとまともに取り合う必要はない。 (あるいはナニナニを理解できるはずがない)
  2. 権威主義…議論の内容ではなく権威を振りかざして論争すること
    例:ダレソレ氏はナニナニの権威だから、氏の言うことに間違いはない。
    例:ナニナニの権威であるダレソレ氏によると…… (マスコミが好んで使う手法)
    例:ノーベル賞を受賞した科学者が推薦する健康食品! (詐欺師が好んで使う手法)
    例:テロの首謀者はビンラディンだという決定的な証拠をアメリカ政府は持っている。 しかしその証拠は極秘ルートで入手したので公開することはできない。 (これは次の御神託式論証にも関係する)
  3. 御神託式論証または論点回避…そうじゃないと具合が悪い式の論証、または答えが始めから決まっている議論
    例:神は確かに存在して、罪と報いを我々に割り振っておられる。 さもなければ社会は今よりももっと無法で危険なものになり、無政府状態にさえなっていたかもしれない。
    例:{教育改革|不良債権処理|特殊法人処理}なくして構造改革なし。
    例:凶悪な犯罪を抑制するために死刑制度を存続すべきである。 (しかし、死刑制度の導入と凶悪犯罪の発生率低下の因果関係は証明されていない)
  4. 無知に訴える…虚偽と証明されないものは真実だ、または真実と証明されないものは虚偽だという主張
    例:{UFOが地球に飛来している|ネッシーがいる}という確固たる証拠はないが、{UFOが地球に飛来していない|ネッシーがいない}という証拠もない。 したがって{UFO|ネッシー}は存在する。
    例:科学者は超能力は存在しないと主張しているが、それを証明できないでいる。 したがって超能力は存在する。 (ある事項が存在するという証明は比較的容易だが、存在しないという証明は非常に難しい)
    例:ナスカの地上絵を宇宙人が描いたのでないとすれば、一体、誰が描いたというのだ? (現在では描いた人達も描き方も解明されているが、欧米人は自分達の文明が一番進んでいると思い込んでいるので、少し以前は(今でも?(^^;))、欧米人世界以外の世界で発見された古代遺跡は神か宇宙人が造ったものだとしか考えられなかった)
    例:{宇宙|地球}には無数の{世界|国}があるかもしれないが、{地球|我が国}よりも文明が進んでいる{世界|国}はひとつも知られていない。 したがって、我々はやはり{宇宙|世界}の中心である。
  5. 手前勝手な議論…苦し紛れの議論
    例:問「ひとりの女が命令に背いて、リンゴを食べるようひとりの男をそそのかしたくらいのことで、慈悲深い神が後世の人々を苦しめるようなことをなさるだろうか?」
    答「あなたは自由意思という難解な教義を理解していない」 (この種の反論は権威主義と組み合わせて使われることが多い)
    例:旧ソ連で平均寿命が短くなったのは共産主義の失敗のせいである。 一方、アメリカの乳児死亡率は先進諸国の中で一番高いが、これには複雑な要因があり、決して資本主義の失敗のせいではない。
    例:相対性理論や量子力学は難解すぎて理解できない。 自然はもっと単純明快なはずだから、これらの理論は間違っているに違いない。
    例:日本が生んだ天才音楽家! (本当は、たまたま日本に生まれた天才音楽家!(^^;) 天才は環境とは無関係に生まれつき才能を持っているからこそ天才である)
  6. 観測結果の寄り好み…都合の良い場合ばかりを数える、またはアタリを数えてハズレを忘れる
    例:この売り場で売られた宝クジの中から当たりクジが2本も出た。 だからこの売り場の宝クジは当たりやすい。 (宝クジが沢山売れる売り場ほど当たりクジも沢山売れるから、その売り場から当たりクジが何本も出ることになる。 しかし外れクジも同じように沢山売れるから、その売り場から外れクジも沢山出る。 結局のところ宝クジの当たりやすさ、つまり1枚の宝クジが当たる確率はどの売り場でも同じである。(^^;))
    例:バクチに勝った時は家族にお土産を買ってやって自慢するが、負けた時は黙っている。
    例:自分の県から首相が沢山出たことは自慢するが、凶悪犯が沢山出たことは黙っている。
    例:この町の住人の10人に1人は外国人だと言われているが、そんなはずはない。 現に私には100人の知り合いがいるが、その中に外国人は1人もいない。
  7. 統計の誤解…統計学に関する無知や誤解に基づく議論
    例:アイゼンハワー大統領は「アメリカ人の半数は平均以下の知能しか持たない」と知らされて、驚きと警戒の念を表明した。
    例:理科の成績は男の平均値よりも女の平均値の方が悪い。 したがって女は科学者には向かない。 (集団の平均値と集団全体との混同、あるいは集団の平均値と個体のデータとの混同)
    例:短距離走の世界記録はアメリカの選手が保持している。 したがってアメリカ人は世界で一番足が速い。 (最大値と集団全体との混同)
    例:コインを3回投げたら3回とも表が出た。 次はそろそろ裏が出る番だ。
  8. 雨乞い三”タ”論法…因果関係のこじつけ
    例:雨乞いをしタ、雨が降っタ、雨乞いが効いタ。 (全く同じ気象条件で雨乞いをしない時、つまり対照実験と比較しないと雨乞いが効いたかどうかはわからない)
    例:予言者が「今年、日本列島で地震が起こる」という予言をした、地震が起こった、予言が当たった。 (日本列島では地震は1日に数百回以上起こっていて、その中で有感地震は日に数回、震度3以上の大きなものは月に数回起こっている)
    例:女が選挙権を得るまで核兵器は存在しなかった。 ゆえに女に選挙権を与えたのは間違いである。
  9. 相関と因果関係の混同または原因と結果の取り違え…雨乞い3タ論法の親戚
    例:夏場はアルコールの消費量と砂糖の消費量の間に正の相関がある。 したがって、夏場は酒のつまみとして甘いお菓子を好むようだ。 (実際には、暑い夏はビールの消費量と清涼飲料水の消費量がどちらも増加するので、見かけ上、アルコールの消費量と砂糖の消費量の間に正の相関が生じる)
    例:癌患者の数と看護師の数には正の相関がある。 したがって、癌を減らすには看護師を減らせば良い。 (癌患者は看病や治療に手間がかかり、そのために看護師の数が増加するのであって、その逆ではない)
    例:大学以下の教育しか受けてない層と比べると、大学卒業者には同性愛者が多い。 したがって教育は人を同性愛者にする。
    例:白人のノーベル賞受賞者は黒人や黄色人種よりも多い。 したがって白人は他の人種よりも優れている。
  10. 虚偽の二分法…中間の可能性の排除
    例:我々と一緒に戦わない国は悪の枢軸国側の国であり、我々の敵だ。
    例:問題を解決する気がない者は、問題を引き起こしている側の人間だ。
    例:愛国者でないものは非国民だ。
  11. 危険な坂道…「ブレーキが効かない」ともいい虚偽の二分法の親戚、両方ひっくるめて「極論」ともいう
    例:{マンガ|アニメ|テレビ}ばかり見ている子供はバカになる。
    例:TVゲームばかりやっている子供はろくな大人にならない。
    例:学生の理科系離れが進むと我が国の将来は絶望的だ。
    例:男子は家庭科を選択してもしなくてもかまわないが、女子が家庭科を選択しなくなると我が国の将来は大変なことになる。
  12. 証拠隠し…真理の半面しか語らない
    例:夫が会社で働いてお金を稼ぎ、妻はそのお金で養われているのだから、妻は夫の命令に従うのが当然だ。 (この論理の欠陥は家庭をひとつの会社と考え、夫を営業のような外勤職、妻を人事や総務のような内勤職と考えるとわかりやすい。 外勤職が利益を上げるためには内勤職のサポートが必要不可欠であり、両者は対等な関係のはずである)
    例:この町に外国人が沢山住むようになって犯罪の数が増加した。 だから外国人をこの町から排除すべきだ。 (しかし外国人が沢山住むようになって国際交流と異国文化に対する理解が進み、国際化が進んだ面には言及しない。 また犯罪数は人口にある程度比例することを考慮していない)
  13. 逃げ口上…故意に意味をぼかす
    例:「退却」を「転進」と言い換える
    例:「敗戦」を「終戦」と言い換える
    例:愛国心を煽り立て、「正義の戦い」または「テロへの報復」という名前で他の国に戦争を仕掛ける。 (民衆にとって唾棄すべきものとなった古い名前の制度に新しい名前をつけることは、政治家としての重要なテクニックである)
  14. わら人形…「架空の論敵に吠える」ともいう
    例:環境保護論者は人間よりもトキやカブトガニの方を大切にしている。
    例:科学者という連中は生物は単なる偶然でひょっこり出来上がったと考えている。
  15. 関係のない話をする…前提とつながらない不合理な結論を出す
    例:神は偉大なるがゆえに、我が国は栄える。

以上の「トンデモ話でっち上げキット」をうまく使うと、トンデモ話をもっともらしくでっち上げることができます。 また例として挙げたものはかなり極端なものですので、すぐに欠陥がわかると思いますが、これに類する議論はそれと気づかずに日常生活で行っていると思います。

そのことを考えると、科学的な議論をするためには、冷静かつ客観的なデータに基づいて、細心の注意を払いながら粘り強く丹念な思考をする必要があることがわかると思います。 つまりデータというレンガを丹念に積み上げ、論理というセメントでしっかりと固定する必要があるのです。 それをするにはある程度の努力と訓練が必要であり、一朝一夕にはいきません。

それに対して似非科学はイメージと思い込み(^^;)だけで議論できます。 そのことが、科学よりも似非科学が世にはびこる大きな要因のような気がします。

○ドンデモ健康情報番組の作り方

科学哲学を専門とする伊勢田哲治博士が「生活知と科学知('09)」という放送大学講座の中で、怪しい健康情報番組の例と、その内容を科学的に吟味するための批判的思考法を説明しています。 これは、この手の怪しい健康情報が氾濫する現在、日常生活でも大いに参考になると思われるので、その内容を少しアレンジして紹介しましょう。 (^_-)

○架空の健康情報番組(実例を参考にして創作したもの)

<シーン1>

最初に「耳より健康情報! シナモンで糖尿病予防」というタイトルが派手に映し出される。

<シーン2>

次に「食事にシナモンをかけて食べた糖尿病患者の血糖値が18%下がった」ということを報告した論文が、アメリカの糖尿病専門の学術誌に掲載されたという説明があり、学術誌の名称とその論文の一部が紹介される。

<シーン3>

今度は、本当に血糖値が下がるのか確認するために、その番組で行った実験の様子がVTRで流される。

その実験では血糖値が気になる数人の主婦に参加してもらい、1週間の間、毎日、少量のシナモンをご飯にふりかけて食べてもらい、血糖値を測定した。 そしてその結果、本当に血糖値が低下したことを表す折れ線グラフが紹介される。

<シーン4>

さらに「○○医科大学教授」という肩書の白衣の人物が、インタビューを受けている様子がVTRで流される。

その人物は「シナモンには○○○○(アルファベットとギリシャ文字で表された、聞いたことのない難しい名前)という成分が含まれていて、それがインスリンの働きを高める効果を持っている」と説明する。

<シーン5>

そのVTRを観て、司会者が「そういえば、以前、シナモンティーをよく飲んでいた頃は、確かに体調が良かった気がする」という自分自身の体験談を披露する。

<シーン6>

最後に、司会者が「今日からでもシナモン健康法を始めてみませんか!」としめくくって番組が終わる。

このもっともらしい番組を観た視聴者の多くは、「これは科学的根拠のある情報だ!」と信じ込んでしまうでしょう。 そして翌日には近所のスーパーマーケットでシナモンを大量に買い込み、日本中のスーパーマーケットでシナモンが売り切れるという事態が発生するかもしれません。

たいていの健康情報番組は、この例よりもはるかに少ない情報しか提供しません。 しかしそれにもかかわらず、番組で紹介された食品が日本中のスーパーマーケットで売り切れるという事態がしばしば発生します。 (^^;)

このような「耳より健康情報」が本当かどうかを判断するためには、次のような点を吟味しながら批判的思考をする必要があります。

  1. その情報の中で主張されていることに対して、きちんとした根拠が挙げてあるかどうか?
  2. 根拠として挙げてあることは事実かどうか?
  3. 根拠として挙げてあることが事実だとして、本当にその主張を裏付ける根拠になっているかどうか? (根拠となる事実が、主張されている結論を裏付けているかどうか?)

「批判的思考(クリティカル・シンキング)」とは、情報を鵜呑みにせず、よく吟味するということです。 そしてこういった健康情報をよく吟味し、根拠に基づいた結論を導き出すためには、メディアリテラシーつまり各種のメディアからの情報を読み解き、それを活用する能力と、科学リテラシーつまり科学を理解し、それを活用する能力が必要になります。

上記のチェックリストに従って「シナモンで糖尿病予防」という健康情報を吟味したところ、次のようなことが判明したとします。

<シーン2で紹介された論文の内容>

図書館またはインターネットで該当する論文を入手し、その全文を読んだところ、糖尿病患者を無作為に2群に分け、一方の群には1日あたり6gのシナモン(市販されている瓶詰めシナモンの3分の1の量!)をかけた食事を摂取させ、もう一方の群には食事だけを摂取させていた。 そして1週間後にシナモン摂取群は血糖値が18%低下し、シナモン非摂取群(対照群)は血糖値が10%低下していた。

そして対照群における血糖値の10%の低下は、食事制限の効果だろうと考察されていた。 またシナモン摂取群は下痢の発生頻度が対照群よりも多く、そのせいで血糖値が対照群よりも8%多く低下した可能性を否定し切れないので、今後の検討課題だと述べられていた。

<シーン3で紹介された実験の実際の内容>

番組スタッフの知り合いの女性に手当たり次第に参加してもらい、1週間後に血糖値が下がった人の結果だけを採用し、それが数名になったところで実験を終了し、平均値を計算してそれを折れ線グラフで表した。

実際には血糖値が下がった人の数と上がった人の数はほぼ同数で、全員の血糖値の平均値はほとんど変化していなかった。

<シーン4で紹介された○○医科大学教授のインタビューの実際の内容>

○○医科大学教授はシーン2で紹介された論文を読んでいて、シナモン摂取群の血糖値が低下した原因は、シナモンを大量摂取したことによって発生した下痢のせいだろうという見解だった。

またシナモンに含まれる○○○○は、試験管内の実験(in vitro)では確かにインスリンの働きを高める効果が確認されているが、ヒトが摂取すると消化酵素の作用で分解されてしまい、効果がなくなるという結果を報告した論文がある。 それに1日あたり6gという用量は嗜好品として使うシナモンの通常量の10倍以上だから、通常量で同じ効果があるとは考えられない。 さらに糖尿病患者と健常人ではインスリンの働きが異なるので、たとえ○○○○が糖尿病患者のインスリンの働きを高めたとしても、健常人にも同じ効果があるとは限らない。

そのためシナモンの糖尿病予防効果には否定的で、むしろシナモンの大量摂取は下痢をする危険性があると説明していた。

しかし番組では、このインタビューの中の「シナモンには○○○○という成分が含まれていて、それがインスリンの働きを高める効果を持っている」と説明した部分だけを放映した。

<シーン5で披露された司会者の体験談>

これは番組のディレクターから指示されて司会者が語った「演出(やらせ)」で、実際には司会者はそのような体験はしていなかった。

これらの情報から「シナモンで糖尿病予防」という健康情報は間違いであり、むしろ「シナモンの大量摂取は下痢しやすいので危険である」という結論を導き出すことができます。

もちろん、この番組も吟味内容も全て架空のものです。 でも僕はこの番組で行われた実験に近い実験データのまとめをマスコミから依頼され、真っ正直に解析してしまい、その番組の趣旨とは正反対の解析結果になったため、まるっきり無視された経験があります。 (当然、解析料は支払ってもらませんでした。σ(;_;))

これは「やらせ」または捏造に近い番組の例ですが、やらせや捏造をしない番組でも、制作者の趣旨に沿った情報の取捨選択が必ず行われ、必然的に情報の偏りが生じます。 これを「メディアバイアス」といいます。 そしてそのメディアバイアスのせいで、視聴者がある一定の方向に誘導されるということが起きやすくなります。

このようにメディアが発する情報に接する時は、どんな番組やメディア報道にも——そしてこの「ドンデモ健康情報番組の作り方」自体にも(^^;)——メディアバイアスがかかっていて、時には「やらせ」や捏造も大いに有り得るということを常に意識しておく必要があります。

○雨乞い三”タ”論法のカラクリ

トンデモ話でっち上げキット」の中で説明した「雨乞い三”タ”論法」は、古今東西、普遍的に行われている推論方式です。 そこで、これについてもう少し突っ込んで検討してみましょう。

「雨乞い三”タ”論法」は「雨乞いをした→雨が降った→雨乞いが効いた」と、「た」を3つ重ねて推論する似非三段論法です。 しかし当館の「統計学入門 1.8 科学的研究のデザイン」で説明している科学的研究デザインに従うと、雨乞いの効果を厳密に調べるためには、雨乞いの有無を原因とし、雨が降ったかどうかを結果とした「無作為化比較対照試験(RCT:Randomized Controlled Trial)」を行う必要があります。

この無作為化比較対照試験では、まず十分な期間——例えば1年間を試験期間にし、毎朝、サイコロを転がして雨乞いをするかどうかを決め、その結果、その日に雨が降ったかどうかを観測します。 実際には、毎朝、サイコロを転がすのは面倒なので、カレンダーなどを使って1年365日をランダム(無作為)にほぼ等しい数の2種類の日に分け、一方の日は雨乞いをし、もう一方の日は雨乞いをしないで雨が降るかどうかを観測します。 これを「単純無作為化法」といいます。

ところが全期間をランダムに雨乞いをする日としない日に分けると、たまたま一方は雨の多い梅雨の時期の日が多くなり、もう一方は雨が降らない真夏の日が多くなるという偏りが生じる可能性があります。 これでは雨乞いをした日としない日を公平に比較することはできません。

そこで1年を短い期間——例えば1ヶ月に分割し、1ヶ月ごとに雨乞いをする日としない日をランダムに決めます。 これによって、雨乞いをする日としない日が特定の時期に偏ることを防ぐことができます。 これを「層別無作為化法」といいます。

このような試験計画に従って、実際に雨乞い試験を行なった結果を次のような2×2分割表にまとめます。

雨乞い試験の2×2分割表
 結果:降雨
原因:雨乞いabn-
cdn+
(a+c)(b+d)(n-+n+)

この表の「n-:雨乞い無」と「n+:雨乞い有」の日数は試験を行う人が決定する定数であり、それ以外のa(雨乞い無−降雨無)、b(雨乞い無−降雨有)、c(雨乞い有−降雨無)、d(雨乞い有−降雨有)の日数は、雨乞いの効果によって変動する観測結果です。 無作為化比較対照試験は「前向き介入試験」であり、原則として結果をこのような表にまとめることができます。

この結果に基づいて、雨乞い無群の降雨日率=b/n-と雨乞い有群の降雨日率=d/n+を比較することによって、雨乞いの効果を検討することができます。 すなわち「雨乞い有群の降雨日率>雨乞い無群の降雨日率」なら、「雨乞いが効いた」と結論することができます。 (話が複雑になるので、ここではデータの統計解析の話までは深入りしません。 このデータの統計解析に興味のある方は、当館の「統計学入門」を御覧ください。(^_-))

ところが薬剤の効果を厳密に検討したい時ならいざしらず、雨乞いの効果をここまで厳密に検討する暇人はいないでしょう。 普通は雨乞いをしない日は無視して、雨乞いをした日に雨が降るかどうかだけを観察します。 そして大方の場合、雨が降るまで雨乞いを続けます。

例えば「雨が降るまで雨乞いを続ける」ということを10回行うと、その結果は次のような表として観察され、雨乞い有群の降雨日率は必然的に100%になります。 この結果を見れば、「雨乞いが効いた!」と思い込んでしまうのも無理はありません。 また雨が降るまで雨乞いをしなくても、「雨乞いが効いて欲しい」という願望から、「アタリを数えてハズレを忘れる」という心理——これを「確証バイアス」といいます——が働くため、雨が降った日のことは強く印象に残り、雨が降らなかった日のことは忘れてしまいがちです。

願望的雨乞い試験の1×2分割表
 結果:降雨
原因:雨乞い有01010

これが「雨乞い三”タ”論法」を信じ込んでしまうカラクリであり、これによって本来は因果関係のない出来事の間に強い因果関係があるように思い込んでしまい、世界中で雨乞い信仰が生まれることになります。 このような幻の因果関係のことを「錯誤相関」または「幻相関(illusory correlation)」といいます。

「雨乞い三”タ”論法」のような推論法は、自分の経験に基づいて色々な因果関係を推論する「経験的思考法」であり、実は人間が本能的に備えている思考法に他なりません。 この経験的思考法は、自然界で起こる森羅万象に素早く対処するための有効な思考法であり、長い進化の結果、人間に備わったものだと考えられています。

例えば遥か大昔、ライオンに襲われたヒトが近くにあった木に登って逃げたところ、ライオンはそれ以上追いかけてこずに助かったとします。 するとこの経験から、ヒトは「木に登って逃げた→助かった→ライオンは木に登れない」という推論をし、「ライオンに襲われたら木に登って逃げれば良い」という経験則を導き出します。

この「ライオンに襲われたら木に登って逃げれば良い」という経験則が正しいかどうかを厳密に検討するためには、雨乞いの効果を厳密に調べるのと同じような試験を行う必要があります。 つまり多数のヒトを無作為に2群に分け、ライオンに襲われたら一方の群は木に登って逃げ、もう一方の群は木に登らないで逃げるという無作為化比較対照試験を行い、成功率を比較するわけです。

しかしこんな悠長な試験を行っていたら、ヒトはとっくの昔に滅亡していたでしょう。 しかも自然界では、こういった経験則に従っていれば大抵はうまくいきます。 このように自然界で起こる森羅万象に素早く対処するためには、わずかなデータから因果関係を手っ取り早く推論することのできる経験的思考法が有効であり、ヒトは進化の段階でこの思考法を身に付けたと考えられています。

この思考法は手っ取り早くて実用的ではあるものの、いつも正しい結論を導き出すとは限りません。 その代表的な例が「雨乞い三”タ”論法」であり、そのような場合は経験的思考法が迷信的思考法になってしまいます。

また経験的思考法は経験の質が大切なため、経験豊富な年長者のものがより信頼されます。 しかし現代社会では、経験の豊富さとは無関係にマスコミ等で広く知られた有名人——例えばタレントや司会者や作家等々——のものが信頼される傾向があります。 それを利用したものが、例えば「トンデモ健康情報番組の作り方」で説明した<シーン5>の司会者の体験談の披露であり、タレントを起用した商品のコマーシャルフィルムです。

遥か大昔のヒトの群れでは経験豊富な年長者はたいていリーダー格の存在であり、群れの中では有名だったでしょう。 しかし現代社会では有名人が必ず経験豊富なリーダー格とは限らないため、有名人の経験的思考法を信頼するとどうしても迷信的思考法に陥りやすくなります。

また「雨乞い三”タ”論法」を逆に使い、「雨が降った→雨乞いをすると雨が降る→誰かが雨乞いをした!」と原因を即断する「逆雨乞い三”タ”論法」もよくあります。 例えば、ある薬剤を服用している人が「この薬剤は稀に副作用として胃腸障害が発生する」という因果関係を知っていると、たとえ食べ過ぎでお腹が痛くなった時でも、「腹が痛くなった→この薬剤は副作用として胃腸障害が発生する→この腹痛は薬剤の副作用だ!」と、「逆雨乞い三”タ”論法」によって原因を即断してしまいがちです。

さらに厄介なことに、人間には「薬を飲んだ」という意識だけで病気が治ってしまう「プラセボ効果」という心理効果があります。 このプラセボ効果には良い心理効果だけでなく悪い心理効果もあり、「病は気から」という昔からの格言どおり、「薬を飲んだ」という意識だけで副作用が発生したりします。

このような厳密さに欠ける「雨乞い三”タ”論法」や「逆雨乞い三”タ”論法」という経験的思考法の代わりに、非常に時間と手間のかかる厳密な試験によってコツコツとデータを集め、それに基づいて因果関係を厳密に検討しようとする思考法が「科学的思考法」です。 科学的思考法は厳密さを徹底的に追求した思考法であり、「人間は騙されやすく、間違いを犯しやすい存在である」ということを基本にし、経験的思考法の欠点を十分に認識した上で、その欠点をカバーするために色々な対応策を工夫した人間不信の思考法(^^;)です。

例えば薬剤の効果を検討する場合、基本的には雨乞い試験と同様の無作為化比較対照試験を行います。 しかしプラセボ効果の存在を考慮して、効果を検討したい薬剤を投与する薬剤投与群だけでなく、その薬剤を服用しない対照群にも「プラセボ」という特殊な薬剤を投与します。 プラセボは見かけは薬剤投与群の薬剤と全く同じですが、薬効成分が含まれておらず、理論的には効果のない偽薬です。

そして対照群と薬剤投与群のプラセボ効果を公平にするために、ある被験者が対照群に属しているのか、それとも薬剤投与群に属しているのか、本人にも、薬剤の効果を判定する評価者(大抵は主治医)にもわからないようにします。 このような試験法を「二重盲検法(Double Blind Method)」といい、この試験法を用いた臨床試験(DBT)で新薬の効果を厳密に検証することが現在の新薬許可基準の必須条件になっています。

このように科学的思考法とは、人間に本来備わった経験的思考法に反する不自然に厳密な懐疑的または批判的思考法(クリティカル・シンキング)です。 そのため科学的思考法を行うには、「今、自分はどのような思考法をしているのか?」ということを常に自問自答しながら、無意識のうちに行う経験的思考法を排除し、思考法を意識的にコントロールする訓練が必要であり、一朝一夕にはいきません。

実際、科学的思考法をするのは本当に面倒で、時間と手間がやたらとかかり、頭をフル活動しなければなりません。 そのため多くの人が「雨乞い三”タ”論法」のような経験的思考法で一足飛びに結論に飛び付いたり、思考停止してマスコミ報道を鵜呑みにしたりする気持ちがよくわかる気がします。

しかし薬剤の効果のような重要な事柄については、経験的思考法に頼らず、思考停止することもなく、科学的思考法を用いて冷静かつ厳密に検討することが大切です。